借金で借金を返さない

消費者金融で借金をしたあと、返済に困るようになる人は少なくありません。
実際に今月の返済は無理という状態になった場合、一番してはいけないことが借金を借金で返すことです。
別の業者にお金を借りて、今月の返済に充てるようなことをすると、以降は二社に対し返済をしていかなければなりません。
たまたま今月の返済日に間に合わないだけで絶対に返せる、すぐに返すだけの経済力があるという人でも、この方法はおすすめしません。
くわしくは別のページで解説しますが、借金で借金をするような真似をしなくても、ピンチを切り抜けられる可能性があります。

また、今月だけでなく収入が減るなどして来月以降の返済も厳しいような人は、借金で借金を返すことは絶対にしてはいけません。
来月以降、収入が増加するようなことでもなければ、いまの借金だけでなく新たに作った借金の返済もできなくなってしまいます。
もし金銭的に余裕がないのに借金を借金で返してしまうようなことになった場合にどうすればいいかも、別のページで方法を解説しています。

そのほか、クレジットカードの現金化という方法がありますが、これもしてはいけません。
現金化業者の商品をカードのショッピング枠で購入後、現金化業者によるキャッシュバックで現金が手に入る仕組みになっていますが、還元率は100%ではなく損をしますし、換金目的でのショッピング枠の使用はカード会社の規約違反であり、ショッピング枠を使った分の請求はくるため、借金で借金を返すような一次しのぎ的な方法でしかありません。